〜* 地球のものがたり *〜

s-s-500_ee3b1bead3a01eedb6670ded6efb64e3_s.jpg

東日本大震災が起こった直後の2011年3月に、矢尾こと葉が地球ヒーリングをしていたときに浮かんできた"ものがたり"を、シェアさせていただきます。


その日は、地球ヒーリングをしようとして、両手をまるく合わせたときに、ふと、いつになく「地球意識」をヒーリングしようと浮かびました。地球の意識に...。そう思ってヒーリングを開始すると、まるで、絵本のように、地球のものがたりが、浮かんできたのです。

それは、誰かがとつとつと、幼い子どもに、語って聞かせるような、絵本の読み聞かせのような、ゆっくりとして、静かで、おだやかなヴィジョンでした。

 

 

もしよろしければ、ヒーラーさんは、このストーリィを基に、手の中に包むように地球を入れて、幼子をいつくしむような気持ちで、ヒーリングをしてみてください。
2011年3月20日の地球ヒーリングの会では、このイメージで誘導をさせていただきながら、

お集まりのヒーラーさん全員で30分間、地球ヒーリングを行いました。

 


手の中に感じる地球のエネルギーに、「何か言いたいことがありますか?」と聞いてみたり、

色を感じたり、手触りを感じたりする中で、多くの方が、地球のポジティブな未来を感じたり、地球の声を聞いたりして、みんなで安心感を共有することができました。

 


地球は、愛そのものだと、感動の声も上がりました。

ヒーリングの最後には、いつものように、地球の幸福な未来をイメージしてくださいね。

それが地球への応援になります。

ヒーリングを終了するときは、赤ちゃんを抱きとめるように、手の中の地球のエネルギーを、あなたのハートチャクラへ入れてあげてください。胸の上で、抱きしめてあげても構いません。

きっと、地球も、ヒーラーさん自身も癒されるひとときとなることでしょう。 

 


地球とすべての地球上のいのちへ、愛と感謝をこめて。  こと葉

 

 

 

〜* 地球のものがたり *〜

 

 


地球は、生まれたばかりのとき、とても小さな、小さな光のつぶでした。

 

その小さな光のつぶは、宇宙の大きな愛を受けて、だんだんと光を増していきます。

 

少しずつ少しずつ成長した地球は、やがて、しっかりした自分の意志を持ちはじめます。

 

「すべてのいのちが輝き、一つひとつの個性がきらめいている、そんな星になりたい」

 

種から小さな芽が出るように、

地球は、キラキラした希望を抱いて、少しずつ成長していきます。

 

 

若い星となった地球には、

青くきらめく海があらわれ、さまざまな形の生き物がすまい、

いのちの躍動感があふれるようになります。


植物は、やがて枯れ、土となり、またほかのいのちの源となる...。


そんないのちの繰り返しが、地球を舞台に繰り広げられていきました。

 


ときには争いもあります。

ネガティブな思いや感情が地球上に垂れこめ、地球の表面を雲のようにおおい隠すこともあります。

けれども、闇の力が強くなった後には、

必ず光の力が盛り返し、地球には喜びと感謝があふれることになりました。

 


そんな、寄せては返す波のような繰り返しを、


地球は、寛大な心持ちで、長い間、ずっと眺めていました。


ずっとずっと、眺めていました。


たとえどんなことがあっても、すべてのいのちが、必ず愛を選び取っていくことを、地球は信じていたのです。


信じて、ただ、寛大なまなざしで、いのちの営みを眺め続けていきました。

 


ところが、人間がいつのまにか病気になるように、

地球にも、いつのまにか広がったネガティブなエネルギーが、

少しずつ少しずつ、奥深い部分に根を張るように広がっていきました。

 

地球は、それでも、愛の星となれることを信じていたので、

助けを呼ぶこともなく、すべてのいのちの営みが、愛に向かっていくことを信じて、寛大さを発揮し続けました。

 

人が病気になると、エネルギーダウンするように、

地球も、だんだんと、元から持っていたエネルギーがダウンしていきました。

 

そのうち、声が出ないほどの痛みが出るようになり、

人であればうずくまって、痛みに耐えるようなことが起こるようになりました。

 


今、地球上で起こっている天災は、

地球がよつんばいになって、痛みに耐えている、その痛みからくる震えのようなもの...かもしれません。

 

地震は、声なき叫び...なのかもしれません。

 


私たち人間は、親が、ときには涙を隠して、私たち子どもを育ててくれていることに、なかなか気が付きにくいものです。

親も、成長中の人間で、かんぺきでなく、心が折れそうなときも、つらいときもあるのに、です。

 

地球も、同じです。

 

地球が一つの成長中のたましいで、ひたすらに愛を目指し、希望を持って、


その大きな美徳である寛大さを発揮して生きてきたこと。


そして、苦しい状況に陥っていることに、私たちは、気が付きにくいものなのです。

 


地球には、愛が必要です。

 

「愛している」という、すべてのいのちからの声が必要です。

 


地球の元気になる力、幸せになれる力を信じて、応援の気持ちで、できることをしていきましょう。

 


私たち一人ひとりの心にやすらぎが広がれば、地球にもやすらぎが広がります。

 


私たちは、地球の一部であり、地球は私たちの一部なのです。

 


生まれたばかりの赤子を優しく抱きとめるような気持ちで、


地球に、「ありがとう、愛している」と伝えてください。

 


地球に内在する力を信じましょう。


それは、あなたがあなたの力を信じることと、同じことなのです。

 

 


〜* 地球のものがたり *〜